如来光明三昧堂   弁栄庵

当寺は、現代のお釈迦様と仰がれた弁栄聖者の御指導を頂く為に、篤信家石川市郎氏が愛知県碧南市自宅敷地内にお寺を開基し、明治32年聖者を開山上人として招聘(しょうへい)されたお寺です。 

令和元年12月4日聖者百回忌を迎え、全国より二十数名泊り込み、10日間の報恩別時念仏を勤めました。その折 聖者の御聖霊(みたま)を導師にお迎え致しましたので、聖者にそのまま御鎮座頂き、百周年に当たる令和2年よりその御聖霊(みたま)に住持の職(住職)を返上し、日々聖者のご指導を仰ぎながら、法城寺を開基の原点に還して、「弁栄さまが今現に活きて在(まし)ます庵」弁栄庵として如来光明三昧道場の新たな一歩を踏み出しました。 

如来光明三昧の道場 

 宇宙の真理は悉く十二光によりて尽くせり  よって如来光明三昧を以て主義とし奉るなり

仏陀禅那弁栄は如来光明主義の預言者である

Web山崎弁栄記念館

山崎弁栄聖者・山本空外上人作品集

   👆写真をクリックすると作品等が展示されます 

 👆写真をクリックすると作品等が展示されます 

浄土教の本意 

浄土宗・浄土真宗・時宗・如来光明主義等に関わらず、或いは他力・自力に関わらず、或いは請求・報恩・見仏に関わらず、称名聞名ともに、( 数珠を手で繰りながら)口に常に南無阿弥陀仏が出て下さる事がみほとけの御本意であります。

【法然上人】 

あみだぶ ( 南無阿弥陀仏 ) と云うより外は津の国の なにわのこともあしかりぬべし

あみだぶ ( 南無阿弥陀仏 ) と申すばかりをつとめにて 浄土の荘厳みるぞうれしき

【親鸞聖人】

 弥陀大悲の誓願をふかく信じる人はみな 寝ても覚めてもへだてな南無阿弥陀仏を称うべし

超世の悲願を聞きしより 我らは生死の凡夫かは 有漏の穢身はかわらねど心は浄土にすみ遊ぶ


常に口からナムアミダブツ様が出て下さる為の 現代版携帯三種品の御紹介

如来光明( 光名 )三昧【大ミオヤが片時も離れず念々に私を念じ詰めに念じ詰め、今も私を待ちきれずに遂に此処に、南無阿弥陀仏と迎えに来て下さったお姿 】 を知らされる為の方便の道具です。

写真をクリックすると詳細が現れます    

リンク

『今、生かされて  ありがとう』

ー  弁栄上人と井村和清医師  ー

2011年5月初版発行 間瀬眞吾先生編